足がつる原因のまとめ〜特に気になるのが睡眠中〜

足がつる原因 パート1

私たちが足がつりやすい時間帯、それは睡眠中なんです。というのも、睡眠時間というものが1日5時間〜8時間くらいに収まるという人が多いので、睡眠中が多いというのも納得です。
時間帯的にもそうですし、睡眠中に冷えが起きやすくなるという人には特にその傾向が高くなることが言えます。
例えば、女性に特に多いのですが、睡眠中に膝から下が急激に冷たくなるという冷え性の人がいます。
寒い時期だけそのようなことになるという人もいれば、年中身体が冷えてしまうという人もいるのです。
このような人は、足がつりやすいタイプであることは間違いないでしょう。しかし、中には冷えや血行不良が原因で足がつっているという意識が無いという人もいます。

 

【このような人は身体が冷えやすくなります】
・明らかに身体が冷えているという人
・夏場でも身体が冷たいという人
・砂糖やインスタント食品などを好んで食べる人
・発酵食品や豆類など血行を良くする食品が苦手な人
・運動をすることがない人、歩かない人

 

あらゆる原因で冷えは引き起こされてしまいます。明らかな冷えがあるという人は、生活スタイルを見直しましょう。
まずは、寝る前に身体を温めるなど気を付けられることは気を付けるということが大切です。

 

こむら返りの治し方|寝てるときに足がつってしまう人のための対処法 

足がつる原因 パート2

足がつるという人は加齢を伴うことによって多くなっていくということをご存じでしょうか。そして、その理由を単なる加齢というのも時期尚早とも言えるでしょう。
というのは、加齢することの背景をしっかりと見極めないといけないからです。漠然としてしまいますが、加齢することによって生活スタイルの変化や食事面での変化があります。
その中で、見逃せないのが食事面なのかもしれません。
多くの人は、年齢を重ねるとあまり食べられなくなります。量をこなせないということは、それだけ栄養は不足するということになります。
また、年齢を重ねると腸の吸収率も若い時のようには行かないと言われています。
ですから、限られた食欲の中で食べるものを選んでいくということは必要なのかもしれません。
とは言っても、飽食の世の中で健康面ばかりを気にしてばかりで食事をするというのは難しくもあります。ということで、毎食というのは難しいので朝食は意識するとか、昼食は意識するというように簡単な方法から考えて行くといいでしょう。
続けられることから始めて行くということがポイントになるでしょう。あまり難しく考え無い方が続けやすいということは言えますね。
足がつるという人に効果的な栄養素は、ミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウム)と、ビタミン(ビタミンCとE)ということになります。

足がつる原因 パート3

ストレスで胃に穴があくとか、ストレスで髪の毛が抜けるとか、食欲が無くなるとか・・・ストレスは体調面での変化を及ぼすということが言えます。
また、嫌なことが続くという状態や過度な緊張状態が続いてしまうと、その他でも影響が出て来ます。
その中に、身体の中の命令形がおかしくなるというものもあります。
このことと、足がつるということは密接に関係しています。
足がつるということそのものが、筋肉や神経の状態がおかしくなるということで起こりうるからです。確かに、栄養素不足や運動不足というような理由と比べると、頻度としては低いかもしれません。しかし、可能性としてはゼロではないのです。
私たちがストレスを受けると、脳がまず疲れてしまいますが、そのことにより食欲が無くなったり、悪い想像が頭から離れなくなって眠れなくなったりします。
そのように、脳からの命令によってすべての行動が引き起こされていると言ってもいいくらいです。
その中で、私たちの足の筋肉や神経の動きも脳によってもたらされているものです。
脳がストレスを感じることによって、このように足がつるということがあることだけでも知っておくといいでしょう。
ストレスを受けるということは、あらゆるところに影響を及ぼすということになります。上手に発散して行くようにしましょう。

足がつる原因 パート4

私たちは運動が好きという人と運動嫌いの人の二極化していると思われます。
学生時代は、嫌でも運動をしなければならないということもあり、そこまで運動不足にならずに済んだような気がします。
しかし、大人になるとそのような強制的な運動をすることが無いので、運動嫌いの人には嬉しいと思う反面、運動不足になるということは避けて通れません。
これは、都会に住むより地方に住む人の方が運動不足になる可能性が高いということにも繋がります。
一見、都会は交通面で便利ですし、良さそうな気もするのですが、実際のところは大きな駅などでは歩くことも多く、乗り換えなどでも意外と歩きます。
車を持っていても、駐車場に困るからあまり乗らないという人も多いようです。
しかし、地方は車社会で車が無いと生活が難しいというようなところもあります。
人は一度楽をしてしまうと、余程のことが無い限りは楽な方に流されやすいようです。
歩いていける場所でも車を使ったりするようになるので、地方で車を所有している人は運動不足になりやすいと言われています。

 

運動不足を簡単に解消するのは、歩くということが一番簡単な方法なのです。
歩くことで、確実にふくらはぎの筋肉を使うことができますし、すぐにでもできる運動だからです。
歩くということを見直してみることをお勧めします!!

 

足がつる原因と治し方|睡眠中に足がつってしまう人へ